友人とイタリアのトスカーナ地方をドライブしワイナリーに宿泊

イタリアのトスカーナ地方をドライブしました

イタリアはトスカーナ地方を旅行しようと思いついたのは、10月でした。当時、ニューヨークに住んでいた私は、ローマに住む友達に連絡を取って、一緒にトスカーナ地方をドライブしようということになったのです。

ニューヨークのJFケネディー空港を飛び立って、早朝のローマに到着して、車で迎えに来てくれていた友達と再会して、それから友達の住むアパートに行きました。

それで、ドライブに出発することになったのですが、最初の目的地はトスカーナ地方にあるワイナリーでした。

友達はワインが大好きで、ワイナリーに泊まることをとても楽しみにしていたようですが、私はお酒が飲めないので、ワインはそれほど楽しみではありませんでした。

友達が予約しておいてくれたワイナリーの宿に到着するまで、かなり長い時間がかかりました。車でなければ行くことができないような場所にそのワイナリーはあるのです。ローマからそのトスカーナ地方にあるワイナリーに到着するまではかなりの時間がかかって、到着した時には日が沈んでいました。

ワイナリーの宿の部屋に入るとテーブルの上に果物が置いてあることに気づきました。ぶどうがあって、食べてみたら、本当に美味しくて、さすがにワインを作っているところだけあるな、と思ったのです。

そしてディナーはワイナリーの中の宿にあるレストランでとることになっていて、ワイン好きの友達は赤のワインを注文していました。私はお酒は飲めないのですが、せっかくだからと思って、少し飲んでみることにしました。ちょっと渋みがあって、決して美味しいとは思えなかったのですが、友達はとても美味しいと言っていました。

トスカーナをドライブしていると、特徴的な景色に出会うことがありました。杉の木が並んで立っていたりして、羊が放牧されていたりする景色を楽しみました。

それで、イタリアの温泉に行くことになっていて、シエナを通って、山道を登っていき、小高い丘の上にあるホテルに到着しました。

ヴァーゴヴィニョーニという温泉地で、そこまでは車でなければいけないような場所で、ドライブしていくにはとてもいい場所でした。季節は10月で、ちょっと肌寒いくらいの感じでしたが、ホテルにある温泉に入ることにしました。

イタリアの温泉に入るのは初めてでしたが、水着を着て、頭にはビニールのシャワーキャップをかぶって入ることになっていました。そして温泉に入ってみると、なんだか生ぬるい温度で、出ると寒いし、入っているとなんとなく生ぬるくて、中途半端な感じで、日本の温泉とはかなり違っていました。

それで、温泉に30分くらい使っていたら、自分が温泉卵になったような感じになって、思った以上に温まっていることに気づきました。それで、部屋で熱いシャワーを浴びたら気持ちいいだろうと思ってシャワーを浴びようとしたら、お湯が出ないのです。急いでフロントに電話したら、今修理中で15分くらいで直るということでした。

イタリア人の言うことはあまり信じられなかったので、15分ということは30分はかかるだろうな、と思いつつ待っていたのですが、待てど暮らせどお湯が出ないのです。仕方がないな、と思って友達に絵葉書を書いて送ろうと思って書いていました。

そしてフロントに行き、絵葉書を出そうと思い、日本に到着するまで何日くらいかかりますか?と聞いたら、5日くらいで届くでしょうというので、こんな山の中から日本まで5日で届くはずがないと思ってかなり疑いました。

シャワーのお湯が出たのはディナーを食べた後でした。

イタリアの温泉を後にしてローマに戻ることになったら、かなり渋滞していて、友達は、ローマをドライブしていると、自分の運転技術に自信がなくなってくる、と言っていました。

ローマではレースのように車がすごく飛ばすのです。その勢いに慣れるにはかなり時間がかかりそうだな、と思いました。

関連記事

ページ上部へ戻る